協会案内

協会について
 

 茨城県内の障害相談支援事業所の相互連携を強化するとともに、相談支援事業に係る研修、相談支援技術の共有、情報の提供等を行うことにより、県内各地域における相談支援体制の確立と相談支援サービスの質の向上を図り、もって障害者の生活の安定を図ることを目的とする協会です。

​会長挨拶
​笹本 健一

 相談支援事業所の皆様には、日頃から相談支援の向上にご尽力を頂き、心から敬意を表する次第です。

 障害児者の自立支援、社会参画に向けて、障害福祉サービスの窓口となる相談支援事業所の役割はますます大きくなっており、時代に即した障害者ケアマネジメントのあり方を関係者で共有し、質の向上を図っていくことが求められています。

 

このため、相談支援事業所の皆様の取組みを支援し、県内各地域で質の高い相談支援の提供が行われるよう、令和元年6月、「茨城県障害相談支援事業所マネジメント協会」を設立いたしました。

 本協会では、行政や関係団体等と連携しながら、

1 相談支援事業に関する情報発信・情報提供

2 基幹相談支援センター等の支援

3 相談支援専門員等の研修

4 相談支援専門員・事業所のネットワークづくり

などの事業に積極的に取組んでまいります。

 

 協会の運営に当たりましては、相談支援事業所の皆様のために、スキルアップの場、横のつながりをつくる場、また国の情報をいち早く入手できる場となり、また気軽に意見交換や相談のできる拠点となりますよう、その運営に努めていく所存です。

 茨城の相談支援の未来を創るために、相談支援事業所の皆様とともに、本協会を育ててまいりますので、皆様のご理解とご支援、ご協力を心からお願い申し上げます。  

 

                                            茨城県障害相談支援事業所マネジメント協会

                                                        会長 笹本 健一